修正依頼



須磨

すまく【兵庫県】


[須磨]
古代、山陽道の須磨駅があった交通・軍事の要衝。摂津国の西端に位置する大阪湾に面した「八部郡須磨村」の地。「須末」、「州磨」、「周麻」、「周間」とも表記。「すま」は、山が海に迫る地に位置するため「すぼまる」の転で、「狭い場所」の意とする説、境川を挟んで西は播磨国で、畿内の西端に位置するため「すみ(隅)」が転訛したとする説、「州間」や「州浜」の転とする説などがある。源氏物語には「須磨」の巻、歌枕・「須磨」は古来より白砂青松の景勝地として有名。在原行平の近流の地、源平一ノ谷合戦の舞台としても歴史に登場する。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する