修正依頼



甲賀

こうかし【滋賀県】


[甲賀]
奈良時代中期、紫香楽宮が造営された地。江戸時代、東海道の水口宿、土山宿。市名は、古代からの郡名「甲賀郡」から、「和名抄」は近江国「甲賀」郡に訓を付していないが、「かふか」と解釈される。飛鳥時代に仏教伝来に関わり、当地に移住したと伝わる豪族・鹿深臣の名から、日本書紀に見える「鹿深(かふか)」、後に「甲可」、「甲加」、「甲香」→「甲賀」と変化したとする説がある。また、「ムカフ(向)・カ(処)」の約とする説、「カガ」、「カヌカ」、「コウゲ」と同義で、「空閑(久我)地、草地」に付けられる地名とする説などもある。甲賀(こうが)忍者の里、信楽焼で知られる地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する