修正依頼



熊取

くまとりちょう【大阪府】


[熊取]
「日本後紀」に桓武天皇が「熊取野」で遊猟されたとある。鎌倉時代に見える「熊取荘」。「くまとり」は名義不詳、住吉大社の神領の「クマ(隅)」の義か。なお、平安時代後期、後白河法皇が熊野詣の途中、当地にある五門を行宮としたことから、「熊野泊まり」が転じて「熊取」と名付けた(不詳)という伝承があるという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する