修正依頼



京丹波

きょうたんばちょう【京都府】


[京丹波]
2005年、丹波町、瑞穂町、和知町の合併の際、全国公募の結果を踏まえ、協議会での投票により決定。京都府中部及び兵庫県東部の旧国名「丹波」に京都府の「京」を冠した地名。他の候補には「丹波」・「丹波高原」などがあった。「丹波」は、古くは「タニハ」と呼び、「旦波」とも書いた。竹野川中上流の谷の端・「タニハ(谷端)」とする説、広く平らな庭のような田圃・「タニワ(田庭)」の転とする説、山岳の「タニマ(谷間)」が転じた説、太古の湖に丹色の波が立ったとする説、丹色の稲穂が波のように見えたとする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する