修正依頼



木津川

きづがわし【京都府】


[木津川]
2007年、相楽郡木津町、山城町、加茂町の三町合併の際、木津川流域に位置することに因んだ市名。木津川は、輪韓川(わがらかわ)→挑川(いどみがわ)→「万葉集」には「泉(いずみ)河」とあり、のち木津川と呼ばれるようになった。古来「泉の里、高瀬ノ里」、奈良時代には見える「木津郷」、「和名抄」には丹後国竹野(たかの)郡木津郷。木場は「木材の港(津)」の意、古津(こず)ともいい、泉河の水運により全国の木材が陸揚げされたことに由来するという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する