修正依頼



河内長野

かわちながのし【大阪府】


[河内長野]
平安時代から高野山詣の宿場町として発展。1954年、南河内郡長野町、三日市村、高向村、天見村、加賀田村、川上村の合併の際、中心の旧長野町の名を採り、長野県長野市との重複を避け、旧国名の「河内」を冠して誕生した市名。「長野」は石川沿いに長く伸びている平野(河岸段丘)の意か。河内国は、大阪府中東部の旧国名。古くは「凡川内」・「凡河内」・「大河内」と書き「おふしかふち」と読んだが、二字好字令によって大小対比の義である「凡」、「大」を省き、「河内」となった。「和名抄」は「加不知(かふち)」と訓じている。「かふち」は、淀川・大和川の河谷の平地(沼が多い土地か)を指す「川の内の方」の意とする説、「川縁(かわふち)」の転とする説などがある。爪楊枝の産地。楠木正成ゆかりの地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する