修正依頼



上富田

かみとんだちょう【和歌山県】


[上富田]
1956年 岩田村、市ノ瀬村、鮎川村の一部の加茂が合併した際に誕生した町名。富田川の川名に因んだ旧・富田川町からみて、やや上流部に位置することに因んだ町名。富田川(かつては、石田川)は、中世には垢離祓所として知られ、上流では栗栖川、中流では岩田川(いはた河)、下流では富田川と称した。「富田」は「水田が豊かに富む」の意の佳字地名か。湿地・湿田を表す「トダ」の転訛とする説もあるという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する