修正依頼



門真

かどまし【大阪府】


[門真]
古くは、古川沿いの低湿地帯。古事記や日本書紀に見える最古の堤防「茨田堤」の遺跡が残る。江戸時代に水郷農村を形成し、蓮根の栽培地として知られた地。室町後期、「普賢寺庄 門真」、戦国期、「門真荘」と見える。早くは鎌倉時代から六波羅探題の奉行人を出した一族で、当地出身と推測される門真氏の名も見えるが、「門真」は名義不詳。一説に、『「かどま」の意味は、「門間」で、低湿地などで生産性の低い荘園が、領主から免田として認められたことからきた名前』というが、はっきりしない。松下グループのお膝元。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する