修正依頼



加東

かとうし【兵庫県】


[加東]
加古川などの河川に沿って河岸段丘と沖積平野が広がる地。市名は、旧郡名を採用。奈良時代の「播磨国賀毛郡」、「和名抄」には「播磨国賀茂郡」(訓注なし)→平安後期、「賀毛(茂)郡」を二つに分け、「賀茂東郡」・「賀茂西郡」と呼び、略して「賀東郡」・「賀西郡」→江戸初期、「加東郡」・「加西郡」。「賀毛(茂)郡の東」の意。「カモ」は、鳥の「鴨」の意とする説、「カミ(上)」や「カム(神)」の転とする説などがある。なお、「加東」の「加」は加古川の意を含めたか。光明寺合戦の舞台「光明寺」が有名。⇒「加古川」・「加古」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する