修正依頼



交野

かたのし【大阪府】


[交野]
縄文・弥生時代の遺跡が多く残る市。市名は、古代からの郡名「交野郡」から、「和名抄」は河内郡「加多乃(かたの)」郡と訓じている。古くは「肩野」とも書く。交野郡は、式内社・片埜(かたの)神社が鎮座する地で、平安時代には「交野ヶ原」と呼ばれた丘陵地が大部分を占め、皇室の遊猟地、桜の名所として、歌枕・「交野の御野」・「牧野の桜」として知られた地。郡名は、片方が原野の意・「カタ(片)・ノ(野)」とする説、淀川流域にある「カタ(肩、丘陵上の平地)・ノ(野)」とする説、往古の海岸にあった「カタ(潟)・ノ(野)」とする説などがある。又は淀川の砂州の野を示すか。「あまのかわ(甘野川、天野川)」、「ほしだ(乾田、星田)」など星にまつわる地名・伝説が多い。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する