修正依頼



海草

かいそうぐん【和歌山県】


[海草]
1896年、名草(なぐさ)郡と海部(あま)郡の合併の際、一字ずつを採った合併地名。『名草郡』は、国府が置かれた地(現・和歌山市府中)で、「和名抄」は紀伊国「「奈久佐(なくさ)」郡と訓じている。「なくさ」は、「渚」の義とする説、「七種(ななくさ)」からとする説などがある。なお、「万葉集」に詠われる名草山の周辺の地名が郡名へ発展したとする説もある。日本書紀には「名草邑」。『海部郡』は、「和名抄」は紀伊国「阿末(あま)」郡と訓じ、「拾芥抄」は「あま」・「あまへ」と訓じている。古代は「海人郡」、中世には「天郡」・「阿間郡」とも見える。「日本書紀」に「海部屯倉」が設置された地とあり、海運や漁労に従事した海民の居住地とする説がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する