修正依頼



乙訓

おとくにぐん【京都府】


[乙訓]
桂川の西岸に位置する地。「延喜式」には「乙訓神社」(現・向日神社)がみえ、「オトクニ」とある。「和名抄」は「於止久」と訓じている。「古事記」には、竹野媛(たけのひめ)が輿から落ちたことから墜国(おちくに)といったものが、弟国(おとくに)というようになったとあり、「日本書紀・垂仁記」にも「堕国」は見えるが、名義は不詳。乙訓郡は葛野郡から分離したことから、葛野郡の兄国に対して「弟国」といい、のち「乙訓」の字を用いたとする説ほか、諸説ある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する