修正依頼



大淀

おおよどちょう【奈良県】


[大淀]
万葉集にも詠われた地。1889年、増口村、檜垣本、下淵村の合併により誕生した村名→町名。下淵の西外れにある座頭淵が「淀」と呼ばれていることから、美称・「大」の文字を冠して命名したという(不詳)。「淀」は「淀んだところ」の意か。二十世紀梨の産地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する