修正依頼



大山崎

おおやまざきちょう【京都府】


[大山崎]
天王山の麓、桂川、宇治川、木津川が合流点し、古代から「山崎」と称された地。古来から軍事交通の要衝で、天王山で行われた山崎の戦いが知られる。地名は、当地が山崎狭の隘部にあたり、水中に突出したような天王山の地形に由来する説がある。また八幡大神を祀ったことで「大」の字を加えたともいう(不詳)。京山科ナス、みず菜の産地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する