修正依頼



宇陀

うだし【奈良県】


[宇陀]
古代、朝廷の東方進出の軍事的拠点、神聖な地。市名は、古代からの郡名「宇陀郡」から、「和名抄」は大和国「宇太(うた)」郡と訓じている。「古事記」に「宇陀の穿(うかち)」、「日本書紀」に「菟田下県」・「菟田高倉山」と見える。古くは宮廷の狩場、「ウタ」は「ヌタ」、「ムタ」などと同義で、「湿地帯」を示すとする説がある。室生寺(国宝五重塔)、宇陀松山城跡など多数の歴史文化資源を有する。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する