修正依頼



宇治

うじし【京都府】


[宇治]
古くは、宇治川が流れる水運の要衝・淀津や宇治津、平安貴族の別業の地。市名は、古代以来の郡名・郷名「宇治」から。「和名抄」は山城国「宇知」郡と訓じている。奈良時代には「山科野」。「許乃(この)国」とも称した。「菟道」とも書き、「けもの道」の意とする説、北西は巨椋池、東に連なる山々に囲まれた川(宇治川)の流れる水内・「ウチ・ウツ(内)」の意とする説などがある。宇治茶の産地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する