修正依頼



伊丹

いたみし【兵庫県】


[伊丹]
古くは摂津国の西摂と呼ばれた地域。平安中期以降、伊丹氏の拠点。名僧・行基が造ったと伝える昆陽池によって稲作が発達し、江戸期、「伊丹諸白」・「丹醸」で知られた酒造業の下地となった。「いたみ」は、板の橋の上(かみ)に位置するところ「板上(いたかみ)」の転とする説、細かい入江のような海が入り込んでいた地形から「糸海(いとうみ)」とする説、紡績が栄えたことから「イト(糸)・ウミ(績み)」の転とする説などがある。「伊丹風俳諧」は有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する