修正依頼



泉佐野

いずみさのし【大阪府】


[泉佐野]
古くから熊野参詣の要衝で「佐野の市」で知られ、江戸期には廻船業や漁業で発展した地。1948年、泉南郡佐野町の市制施行の際、旧和泉国(「和」は添字)の「泉」を冠して、「泉佐野市」に改称。「佐野」は中世には見える地名(村名)。「佐」は「小」と同義で、「狭い原野」の意とする説がある。「和泉」は大阪府南西部の旧国名。古くから清水が多く湧き出た地であり、国名は、泉井上神社の境内にあった泉・「和泉清水(国府清水)」に由来する説があり、神功皇后が新羅出兵の途中、泉井上神社に先勝を祈願したところ、一夜にして霊水が噴き出したことから、「和泉」と呼ぶようになったという。他に「イズ(出)・ミ(水)」からとする説もある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する