修正依頼



安堵

あんどちょう【奈良県】


[安堵]
聖徳太子の飽波宮跡とされ、平安時代以来の安堵荘一帯の総社・「飽波(あくなみ、安久波)神社」が鎮座する地。町名は、古代から中世の安堵荘から。「アンド」は、古代豪族・阿斗(あと)氏の本拠地であったことからとする説、川に囲まれた「アト(低湿地)」の意とする説、朝鮮語の「アクル」(低湿地)からとする説などがある。又は、所領の安堵に関係する地名か。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する