修正依頼



明日香

あすかむら【奈良県】


[明日香]
藤原京遷都までの古代政治の中心地、中央集権律令国家の誕生の地。飛鳥時代の宮殿や史跡が多数発掘された地。本来、天香具山の南に位置する丘陵に囲まれた小盆地にある地域を指すという。「あすか」は、飛鳥川の「ア(接頭語)・ス(洲)・カ(処)」の意とする説、「ア(接頭語)・ス(住)・カ(処)」の意とする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する