修正依頼



由比

ゆいちょう【静岡県】


[由比]
江戸時代、東海道の由比宿、難所・薩?峠、「東海道の親不知」。古くは、「油井」・「湯居」・「由井」とも表記。語源は「結」、労力交換のような共同作業を行ったとする説、東西の産物を交換する市のような場所とする説などがある。また、共同漁労「ゆいが浜形態」に関連し、「もやい(舫い)」・「もやい(催合い)」からとも考えられる。由比港の桜エビが有名。「デコポン祭り」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する