修正依頼



焼津

やいづし【静岡県】


[焼津]
石花海がある駿河湾を望む市。中世以降は海上交通の要所「小川湊(小河の津)」、現在は遠洋かつお・まぐろ漁の本拠地「焼津港」を有す地。焼き畑の土地にある津(港)の意か。なお「日本武尊が東征の際、草薙剣で葦を薙ぎ倒し、それに向かい火をかけ賊衆を討った地」という伝承がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する