修正依頼



もりまち【静岡県】


[森]
「続日本後紀」に記されている、小國神社(おくにじんじゃ)が鎮座する町。江戸期、秋葉山信仰により信州街道の宿場町として発展。古くは「太田郷」。鎌倉時代中頃からの地名という。大集経文集に「森山」、小地名で、三島神社が鎮座した地を指すか、「守」の意とも考えられるが。永禄年間に森郷、森の市とある。現在の「森町」は、三方を森林(山)に囲まれた土地であることに因むという。別名「三木の里」。森の石松の出身地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する