修正依頼



美濃加茂

みのかもし【岐阜県】


[美濃加茂]
古くから美濃と飛騨を結ぶ交通の要衝。中山道の太田宿。市名は1954年に誕生、「美濃国(みののくに)の加茂郡(かものこおり)」(古くは、御野国加毛郡、三野国加茂郡)の意。「美濃」は、岐阜県南部の旧国名。古くは「御野」・「三野」・「美乃」とも表記。三つの広野からとする説、「ミ(美称)・ノ(野)」の意とする説、「ミ(水)・ノ(野)又は(ヌの転。湿地)」の意とする説、朝廷の禁制野・「御野」からとする説などがある。「加茂」は、古代からの郡名「賀茂(かも)郡」。古くは「加毛郡」とも表記。「加茂」は、大和朝延時代の県主の鴨氏(賀茂氏)に因む郡名。「カモ」は「カミ(上)」や「カム(神)」の意か。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する