修正依頼



南知多

みなみちたちょう【愛知県】


[南知多]
1961年、知多郡内海町、豊浜町、師崎町、篠島村、日間賀島村の合併の際、知多半島南端に位置することに因んだ町名。「知多」は、古代からの郡名。「日本後記」・「和名抄」には「智多郡」、「延喜式」には「知多郡」、万葉集には「知多乃浦」とある。古事記に見える、尾張連氏に連なる知多臣氏の名からとする説がある。また。田が多い・「千田」とする説、「チ」は港の意・「津(ツ)」の転とする説などもあるという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する