修正依頼



南伊勢

みなみいせちょう【三重県】


[南伊勢]
志摩半島の南の付け根に位置し、五ヶ所湾などリアス式海岸を有する地。2005年、度会郡南勢町と南島町の合併の際、住民を対象にした公募結果を踏まえ、協議会での投票にて決定した町名。他の候補には「伊勢島」・「黒潮」などがあった。「南伊勢町」は、伊勢(市)の南に位置することに因む。旧「南勢町」は伊勢の南部の意。旧「南島町」は伊勢の南島(もとは志摩国に属した)の意。「伊勢」は三重県の大部分の旧国名。「伊斉」とも書く。「イセ」は、川の瀬が多いところ「五十瀬(いせ)」とする説、神聖なところから「斎瀬(いせ)」とする説、「磯(いそ)」からとする説、「大和の背の国」とする説ほか、諸説ある。⇒「伊勢」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する