修正依頼



三重

みえけん【三重県】


[三重]
明治5年に安濃津県の県庁を安濃津県津から三重郡四日市へ移転し、県名を郡名に因んで三重県に改称し成立。明治7年に県庁を津へ移し、明治9年に度会県を統合して現在の三重県となる。三重郡は古代からの郡名で、「古事記」に倭建(やまとたける)命が当郡三重村の地に至った時に「わが足は三重(みへ)に曲がるほど疲れてしまった」に因むとも伝えられる。これは「足がヘナヘナになった」と解する説、「足が折れて歩けない」と解する説がある。なお、「ミ」は朝鮮語で神を表わすことば、「へ」は辺りと考えられ「神のおわすところ」の意とするも説があるという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する