修正依頼



沼津

ぬまづし【静岡県】


[沼津]
中世、東海道の黄瀬川宿。江戸期、沼津宿。伊豆半島の付け根に位置し、戦国時代には海上交通の要所として発展した地。初見は鎌倉時代、「吾妻鏡」に「沼津(ノ海)」とある。湿地帯の沼地に船着場(津)がある土地の意とされる。沼地は狩野川河口付近を指すとする説がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する