修正依頼



名張

なばりし【三重県】


[名張]
伊賀盆地の南部に位置し、万葉の時代から宿駅として開けた「名張の山」・「沖津藻」。古くは上忍三家が拠点を置いた地。市名は古来からの郡名から。「日本書紀」に「隠駅家」と見える。「名墾」とも表記。山の奥深くに「隠れる」の意・「ナバル」が転じた説、「ニヒ(新)・ハリ(開墾地)」の転とする説、簗の「ナワバリ(縄張)」が転じた説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する