修正依頼



富加

とみかちょう【岐阜県】


[富加]
半布里戸籍の故知が有名で、古墳、中世城跡が多く残る地。1954年、加茂郡富田村と加治田村の合併の際、一字ずつを採った合成地名。「富を加える村」。旧・加治田は中世からあった地名、鍛治屋があったことを示すか。旧・富田は明治以降、「豊かな水田」を願った地名。なお、東山道の美濃国武芸郡「揖可(いふか)郷」→中世に見える加茂郡「伊深(いふか)」村に佳字を当てた「富加」、それを訓読して「とみか」とも通じるか。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する