修正依頼



知立

ちりゅうし【愛知県】


[知立]
奈良時代には見える「智立郷」。「和名抄」は参河国碧海郡「智立」郷とある。「知利布」・「雉鯉府」・「千鯉鮒」などとも当てた。江戸時代、東海道の池鯉鮒宿。馬市や木綿市の市場町。知立神社の祭神という伊知理生(いちりゅう)命に因み「伊知理生」→「知里生」→二字・「知立」となったとする説、知立神社に祭られる地主神「木花知流比売命」の「知流」からとする説、古くは「茅立」と称し、茅が生い茂る土地の意とする説、アイヌ語の「チリップ」(低湿地)からとする説などがある。「伊勢物語」に歌人在原業平が詠んだ、カキツバタの名所・八つ橋。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する