修正依頼



鈴鹿

すずかし【三重県】


[鈴鹿]
奈良時代、伊勢国の国府、国分寺があった地。古来から東国に通じる交通の難所。江戸期、東海道、伊勢参宮街道の宿場町。市名は、古代からの郡名・駅名・関名「鈴鹿」から。「和名抄」は伊勢国「すゝか」郡と訓じている。「スズダケ(煤竹・篠竹(すずたけ)」(別名・篶(すず))の生える土地とする説、鈴の口が割れているような山腹から滝が流出する様に由来する説などがある。なお、壬申の乱の時、大海人皇子(後の天武天皇)を背上にした2匹の鹿が駅鈴をつけ、増水した川を渡ったという伝説がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する