修正依頼



小牧

こまきし【愛知県】


[小牧]
小牧・長久手の古戦場。江戸時代、中山道と名古屋城下を結んだ「上街道(木曽街道)」の宿場町。古代、小牧山西麓付近まで海で、船がこの山を目標に帆を巻いたことから小牧山を「帆巻(ほまき)山」と呼び、それが転じた説、中世、当地で馬市が開かれたことから「駒来(こまき)」と呼び、それが転じた説などがある。なお、平安期、「篠木荘」に属した牧場があったという。小牧市の田縣神社の豊年祭が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する