修正依頼



亀山

かめやまし【三重県】


[亀山]
古代三関の一つ「鈴鹿の関」が置かれた「関宿」(旧・関町)、東海道の亀山宿。鎌倉時代、関実忠が亀山城(若山城)を築城。「カメヤマ」は、亀の甲羅のような小高い山の意か。一説には、皇大神宮(伊勢神宮内宮)の遷幸地と伝わる野村の忍山(おしやま)神社→神宮に因み「神山」→訛って「カメヤマ(亀山)」となった説があるという。蝋燭の生産地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する