修正依頼



笠松

かさまつちょう【岐阜県】


[笠松]
古くは木曽川水運の要港。江戸幕府直轄領で美濃郡代の陣屋(笠松陣屋)が置かれた地。江戸末期、笠松県の県庁。古くは宝江野・奈良津新田・徳田新田一帯の呼称「笠松」→宝江野の港町・「笠町(かさまち)」→寛文2年、名取半左衛門長知が「笠松村」に改称。木曽川の舟から見て、当地の盛り上がった地形を「笠」に見立て、のち佳字「松」を添えたか。または、笠のような枝ぶりを広げる象徴的な「笠松」があったか。松枝輪中。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する