修正依頼



掛川

かけがわし【静岡県】


[掛川]
戦国期、信州塩尻に至る塩の道の始点。江戸期、東海道の掛川宿、日坂宿。鎌倉時代には「懸河」と表記。現・逆川を曲がりくねって懸崖が多かったことから「崖川・欠川」と呼び、→地名「懸川」→地名「掛川」となった説がある。緑茶の栽培地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する