修正依頼



各務原

かかみがはらし【岐阜県】


[各務原]
中山道の鵜沼宿。市名は、古代からの郡名「各務郡」から。「和名抄」は美濃国「加ゝ美(かかみ)」郡と訓じている。近世、平野(各務原台地)に位置したことから「各務野」と称され、のち「各務原」。「鏡」と同義で、平坦な原野を示すとする説、「延喜式」に見える村国真墨田神社に鏡作部(かがみつくりべ)の祖・天糠戸命が祀られていることに由来する説などがある。なお、明治初期まで一帯が原野だったため、蚊(か)が蓑(みの)のように集るという伝承があるという。また、鏡岩の伝承も残る。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する