修正依頼



尾張旭

おわりあさひし【愛知県】


[尾張旭]
1970年、旭町が「尾張旭市」に改称して市制施行。「旭」は朝日の昇る土地、佳字。「尾張」は愛知県西部の旧国名。「和名抄」は、「乎波里(をはり)」と訓じている。古くは「尾治」、「小針」とも書いた。国名は、古墳の時代、大和葛城の尾根が張った高原を「尾張」と呼び、葛城国高尾張邑を本貫としていた豪族・尾張氏が東海に移住して伝播したとする説、熱田まで伸びている細長い台地形の土地からとする説、「ヲ(接頭語)・ハリ(開墾地)」からとする説などがある。また、尾が張っていた大蛇を開くと「尾羽張剣」が出てきたとする逸文も残る。日本舞踊の一つ「棒の手(ぼうのて)」の伝承地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する