修正依頼



尾鷲

おわせし【三重県】


[尾鷲]
黒潮が流れる熊野灘、「尾鷲ヒノキ」で知られる紀伊山地、多雨地帯。江戸期、紀伊国牟婁郡奥熊野尾鷲組。古くは「おわし」といい、昭和29年の合併時に「おわせ」を標準化。紀伊山地から眺めると尾鷲湾の浜辺にある集落が輪に見えることから「大きい輪内」が「おわし」に転じた説がある。現在も地名「輪内」が残る。なお、松阪市に「大足(おわせ)」という地名があるが。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する