修正依頼



大口

おおぐちちょう【愛知県】


[大口]
犬山扇状地の南東部に位置する地。1906年、太田村、小口村ほかの合併で誕生した合併地名。合併時、「太口村」と申請、認可の際、「太」の字の点が脱落して大口村となったという。小口、大口は木曽川の決壊口を示すとも。また、古来大日如来を安置し祀ったことから「大日村」が、誤読により「大口村」となったとも伝わる。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する