修正依頼



大垣

おおがきし【岐阜県】


[大垣]
奥の細道むすびの地。「水の都」。中世、「大柿」とも表記。「大きな柿を産するところ」の意とする説がある。のち、「大きな垣(堤)があるところ」と転じたか。また「垣」は「垣根」(囲いや仕切り)の意で、大牧場があったことを示すとする説もある。なお、芭蕉の句に「里古(ふ)りて柿の木持たぬ家もなし」がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する