修正依頼



犬山

いぬやまし【愛知県】


[犬山]
木曽川左岸に位置する地。古くは「乾山」と称した。南北朝には「犬山郷、犬山荘」と見える。江戸時代、尾張藩の家老成瀬氏の城下町、犬山城(別名・白帝城)。丹羽郡小野郷の「小野山」の転じた説、大県神社の戌亥方向にあるため、戌亥が「乾山」が「犬山」になったという説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する