修正依頼



伊勢

いせし【三重県】


[伊勢]
内宮周辺の宇治と外宮周辺の山田を合併した「宇治山田市」が、1955年、伊勢神宮の鳥居前町として発展したことから伊勢市と改称。「伊勢」は三重県の大部分の旧国名。「伊斉」とも書く。「イセ」は、川の瀬が多いところ「五十瀬(いせ)」とする説、神聖なところから「斎瀬(いせ)」とする説、「磯(いそ)」からとする説、「大和の背の国」とする説ほか、諸説ある。また、神武天皇が伊勢津彦命(伊勢を追われた風水の神)の名から命名したという説話もある。なお、東征に従軍して紀伊で没したといわれる神武天皇の兄は「五瀬命(いつせのみこと)」。「五瀬」は「厳稲」の意で、穀物の神という。他にも、古くから和歌に詠われた五十鈴川(いすずがわ)には倭姫命の伝説など、多くの伝承が残る地。「お伊勢まいり」、「赤福」、「伊勢うどん」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する