修正依頼



若狭

わかさちょう【福井県】


[若狭]
2005年、三方町と上中町が合併して誕生した町名。福井県西部の旧国名「若狭(わかさ)国」からの借用。「和名抄」は「和加佐(わかさ)」と訓じている。国名は、稚桜部(わかさくらべ)臣の居住地に因むとする説、「風土記」にある、海郷より来た男女(若狭彦、若狭姫)が不老で少年のようであったとする説、都との交流を指す、古代朝鮮語の「ワカソ(行き来)」からとする説などがある。なお、山の西側に位置した西浦の集落が、東浦に移住し、新たに若狭と名乗ったという説もあるという(不詳)。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する