修正依頼



宝達志水

ほうだつしみずちょう【石川県】


[宝達志水]
2005年、羽咋郡志雄町と押水町の合併の際、公募結果を踏まえ、小委員会が能登半島最高峰の「宝達山」に、旧町名から一文字ずつ採った「志水」を組み合わせた「宝達志水」を提案、協議会で了承。他の候補には、「宝達」・「宝志」・「能南」などがあった。旧「志雄町」は、古くは「子浦(シオ)」、大伴家持の歌碑が建つ志乎神社が鎮座する。「シオ(磯)」の意か、先に行くほど奥まった萎んだ地の意か(不詳)。旧「押水町」は、弘法大師が杖で岩を押したところ水が湧き出したとする「押しの泉」の伝承に由来するという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する