修正依頼



根羽

ねばむら【長野県】


[根羽]
中世、三河国に属した地。武田信玄の終焉の地と伝えられ、「甲陽軍艦」には「ねばね」と見える。(芝居などが)「ハネル(終わる)」から、三河国の端の意を示したとする説、茶臼山の麓(根)に位置する「ハニ(粘土質、赤土)」の土地の意とする説、当地を中心に「根(ね)が張(は)った」街道を示すとする説などがある。なお、茶臼山は古くは「ねばやま」・「ぶなだちやま」とも呼ばれた。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する