修正依頼



道志

どうしむら【山梨県】


[道志]
古くから道志七里と呼ばれた山間抜け道沿いの地。検非違使の「道志」(平安時代の官職名)を以って「道志」の名を作ったとする説が有力。他に、富士山への一番への近道なので、道造りの始めとして「道始」と言われたとする説、道志谷に通ずる四つの古道があり、「道四(どうし)」と呼んだとする説、道路が拓かれない時代に、交通は沢沿いの石伝いに歩いたので、「沢通し」から「通し」の名が残ったとする説、当地に道学者が多く来遊したことから「道志」と名付けたとする説などがある。「赤道を越えても腐らない水」と言われた清流道志川。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する