修正依頼



聖籠

せいろうまち【新潟県】


[聖籠]
飯豊連峰に源を発する加冶川下流左岸にある穀倉地帯。『大同元年(806年)僧侶が来て、宝積院縁起による百合若の愛鷹・緑丸の菩提のために彫刻した本尊仁王尊を供養し礼拝しました。さらに堂舎を建てて山籠りをしたため、時の人々は高徳の僧(聖)の籠もった山であるということで、そこを「聖籠山」と呼びました。』という。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する