修正依頼



下諏訪

しもすわまち【長野県】


[下諏訪]
諏訪湖の北に位置する町。平安時代に見える信濃国諏訪郡「土武郷」と比定される。江戸期、甲州街道と中山道が合流する下諏訪宿として発展。町名は諏訪大社下社方に因む。古代からの郡名・「スハ、スワ(諏方)」は、全国的に見られる「スワ(谷、低湿地)」の意とする説があるが、諏訪大社を含めはっきりしたことは分かっていない。黒曜石の産出地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する