修正依頼



北都留

きたつるぐん【山梨県】


[北都留]
1878年、山梨県都留郡を北都留郡と南都留郡に分割して発足。旧・都留郡の北部に位置する。古代、都留(つる)郡は、鶴(→長寿)が棲息していたとする伝承、又は音の「ツル」から鶴を連想し、長寿の里として万葉集にも詠われた地。「和名抄」は甲斐国「豆留(つる)」と訓じている。「連葛」とも書いた。富士山の足が北へ長く延びているさまを蔓葛(つる)に例え、後に嘉字の鶴を当てたとする説、「川に沿って細長く連なった土地」の意で鶴、蔓と同義・「ツレ(連れ)」の転とする説などがあるという(不詳)。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する